トップ  >  <7月のピックアップ!新着求人>  >  【東京】社長直下ポジション・経営企画(アシスタントマネジャー/マネジャー)/JASDAQ上場企業(求人番号:202ky)

 求人番号:202ky

仕事内容

 

【事業内容】
当グループは、グループ会社約30社からなるホールディングカンパニーです。

2002年に東証JASDAQ上場、将来の資産形成を目的とした投資用アパートメント・マンションの開発から販売、不動産ファンド組成、賃貸管理・家賃等の債務保証・少額短期保険の不動産サービス、ゼネコン、LPガス・電力の供給、ライフケアまで、高いグループ内シナジーを創出する企業集団。IoT技術を組み込んだ「インテリジェントアパートメント」をリリースする等、今後の市場拡大が期待される不動産テック領域にも積極的に取り組み始めています。海外では、インドネシアにおいて、日本国内と同じ一気通貫ビジネスモデルを確立し、持続的な成長を目指しています。佐々木蔵之介を起用したCMも放映中。

【業務内容】
社長直轄の部署で、グループ全体の経営企画、M&A、業務革新、新規事業開発など、経営の中枢業務を担っていただきます。基本的にはトップマネジメントからの直接指示のもと、プロジェクトベースでの業務となります。

<主な業務領域>
・新規事業開発
・M&A時の実行サポート及び実行後のPMI業務
・グループ全体の業務革新、BPRの実行サポート
・グループ会社の経営管理、等

上記の業務のほか、グループ全体の成長を担う特命業務として幅広くお任せすることもあります。経営トップの意向を柔軟にスピーディに実行できる方、経営に近いポジションなら労をいとわずモチベーションを高く持てる方、年齢に関係なく成果主義的な評価を得たい、という方からの応募をお待ちしています。次世代の経営幹部候補としての育成を図ります。

※転勤は当面想定しておりませんが、同一勤務地において、グループ企業への出向・転籍の可能性があります。
※東京と福岡の2本社制の為、週2~3日の福岡出張がある場合もあります。

【職務の魅力】
柔軟な思考、スピード経営、チャレンジスピリッツ、とベンチャー気風が流れる社風の中で、社長・役員直下のポジションとして「誠実さ」と「タフさ」が求められます。成果が直接評価されるためチャンスに溢れており、今後10年先のシノケングループの将来を担っていただく次世代の経営幹部候補として会社経営に携わりたいキャリアビジョンを求めている方にはぴったりのポジションです。

応募資格
【必須条件】
・コンサルティング会社において経営戦略やM&A、業務改革、海外事業管理などの幅広く企画からデリバリー業務に関わったことがある方
・監査法人での会計監査・コンサル業務経験者
・上場企業または大手企業において、本社企画部門(経営企画、総合企画、事業戦略、財務戦略等)経験者






【選考フロー】

書類選考⇒面接(2回)⇒内定

雇用形態

正社員

勤務地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務時間

東京都港区
【アクセス】
●JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」 北口より徒歩2分
●都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」 直結(B5出口)
※転勤は当面想定しておりませんが、同一勤務地において、グループ企業への出向・転籍の可能性があります。
※東京と福岡の2社制の為、週2~3日の福岡出張があります。

 

 

 

 

9時00分~18時00分(休憩 75 分)
■所定労働時間7時間45分

年収・給与

年収 500万円 ~1,000万円
月給330,000円~830,000円
※給与詳細は経験・能力・前職等を踏まえ決定します。
※企画業務型裁量労働制となります。

 

 

【福利厚生】 

通勤手当(会社規定に基づき30,000円/月まで支給)、
勤務地手当、その他手当(単身赴任など)、
雇用保険、 労災保険、 健康保険、 厚生年金保険、
社員持株会制度、RS(譲渡制限付株式)、
退職金制度(ESOP)、ストックオプション、
社員旅行(2017年・2018年・2019年:沖縄)、
転居時の管理物件への斡旋あり 、産休育休制度あり

休日・休暇

■週休2日制、年間休日115日
 土日祝休(会社カレンダーにより土曜出社もあります。) 
■夏期休暇、年末年始休暇
■リフレッシュ休暇、アニバーサリー休暇(年間最低5日以上の有給取得)
■有給休暇(入社半年経過後10~最高20日)、慶弔休暇


企業名 社名非公開
事業内容

当社グループは、土地をお持ちでないサラリーマン・公務員層の方々に『資産づくり』を目的とした不動産経営の提案を行い、お客様の『資産形成』の実現をその創業精神とし、投資用不動産経営のパイオニアとして1990年6月に創業致しました。

その後、グループの成長に対応するため、より効率的なグループ経営を目的としたホールディング制の導入を行い、不動産セールス事業としてアパート・マンション販売、不動産サービス事業、ゼネコン事業、エネルギー事業、ライフケア事業、海外事業等を各事業会社において展開し、その事業規模及び事業領域の拡大を図ってまいりました。

2018年12月期の連結業績では、売上高1,113億90百万円と計画を上回り、5期連続の過去最高売上高を更新しています。

<インドネシアでREIT(不動産投資信託)始動>
インドネシアで外資として初!不動産ファンド運営ライセンス取得

インドネシア現地子会社であるシノケンアセットマネジメントインドネシア が、インドネシア金融庁から、不動産ファンドの運営を企図した投資運用業のライセンスを正式に取得しました。不動産ファンドを運営している企業はインドネシア内資の3 社しかなく、外資では同国史上初となります。これにより、シノケンはインドネシア における不動産開発・運営にとどまらず 、不動ファンドやREITを組成し、世界中から関心を集めるインドネシア不動産投資のプラットフォーマーとして積極展開してまいります。

設立 1990年6月5日

資本金

 

 

 

売上高

10億9,483万円(2019年6月末現在)



957億86百万円(2019年12月末現在)
1,113億9,000万円(2018年12月期)
1,059億3,600万円(2017年12月期)
812億9,400万円(2016年12月期)
550億7,000万円(2015年12月期)
397億2,400万円(2014年12月期)

会社規模 1,038名(2019年12月末現在)
【入社実績】

Hさん(53歳 / 男性)
 
マネージャー
Nさん(28歳 / 女性)
 
一般
Kさん(32歳 / 男性)
 
主任