トップ  >  エリア別  >  関東エリア  >  神奈川  >  <横浜市>コンプライアンス部門担当(国内)マネジャー、シニアマネジャー/外資系メーカー(求人番号:124ky)

 求人番号:124ky

仕事内容

 

日本のコマーシャル部門及び関連会社のローカルコンプライアンスオフィサー(LCO)として業務遂行

1)主なタスク
職務の基本的な特徴を形成する定期的に実行されるタスク
コンプライアンス
・フレゼニウスメディカルケアコンプライアンスプログラムをマスターする
・現地法へのポリシーの適合性の検証、および必要に応じて適応、およびポリシーが最新かどうかの定期的なレビュー
・グローバル、地域、ローカルのコンプライアンスポリシー、プロセス、および統制のローカル実装、保守、改善(コンプライアンス関連のSOXコントロールなど)
・コンプライアンス関連の問題に関する現地の経営陣およびスタッフへのアドバイスとガイダンス
・コンプライアンスポリシーで必要な場合、ビジネス委員会の一部としての諮問役割
・現地のコンプライアンストレーニングの開発、調整、パフォーマンス(必要な場合)、メンテナンス、監視、およびレポート(eラーニング、特定の担当者に対する贈賄防止コンプライアンストレーニング、および必要に応じたアドホックトレーニング)
・地域/国のコンプライアンスオフィスへの定期的なコンプライアンスレポートと、要求に応じたさらなるコンプライアンスレポート
・潜在的な不正行為または内部および外部の規則または規制の違反に関するコンプライアンス関連情報に対処するための最初の連絡先。
・コンプライアンス違反の兆候(たとえば、あらゆる形態の申し立て、内部告発者など)のフォローアップ、および調査手順が推奨されるかどうかの評価と決定。 潜在的な違法行為または違反の可能性に関する独立した分析と調査(該当する場合)、および地域コンプライアンスオフィスが実施した調査のサポート
・リスク評価または調査結果に基づく実行中の修復活動の支援
・地域コンプライアンスオフィスが実施するカントリーリスク評価とコンプライアンス監視/レビューのサポート。 コンプライアンスの脆弱性またはリスクを特定して報告し、必要かつ適切な場合は地域コンプライアンスオフィスに変更を推奨します。
・該当する場合、他の部門内のコンプライアンス関連の措置および活動を監視および調整する場合、他の機能(法務、業務、事業開発、財務など)との強力なコラボレーションが必要です。
・法務部門および国/地域コンプライアンスオフィスと協力して、現地の法律および規制に従って即時の報告義務を生じさせる違反または潜在的な違反の事例について、規制当局および/または当局へのオープンかつ直接的なコミュニケーション

応募資格
【必須条件】
・バイリンガル 英語、日本語のコミュニケーションスキル
・6~8年のコンプライアンス/内部監査/内部統制/法的業務経歴
・プロフェッショナルコンプライアンススキル:
リスク評価、FCPA、トレーニングポリシー/ SOPの評価、監査、プロセス改善など


【歓迎条件】
・製薬/医療機器関係での実務経験。



【フィットする人物像】
・文化的に敏感で、複雑なビジネス環境で働くことができる方
・ソリューション指向
・セルフスターター、結果に対する高い意欲を備えたプロアクティブ
・個人の貢献者であり、チームプレーヤー
・断定的で独立維持能力、困難な状況で適切な判断力を示す能力、および戦略的意思決定と管理タスクを両立させる能力





【選考フロー】

書類選考⇒1次面接(北アジア地域コンプライアンスオフィサー(直属上司))⇒最終面接(人事及びAP地域コンプライアンスオフィサー(上司の上司))⇒ 内定
※面接はWEB面接にて対応

雇用形態

契約社員(2年間)
※契約更新は契約満了時の状況を踏まえて決定されます。

ポジション:マネジャー、シニアマネジャー

勤務地

 

 

 

 


勤務時間

おおよそ以下の比率となります。
在宅勤務:55%
横浜オフィス(横浜市西区みなとみらい):20%

出張:25%(国内外) 

 

 

フレックスタイム制(コアタイム:10:00-15:00)

年収・給与

年収1,000万円~1,200万円

※採用者のキャリア・ご経験に基づき決定

 

【待遇・福利厚生】 

交通費支給
昇給あり、賞与年1回(3月)
社会保険完備

休日・休暇

土日祝日、夏期休日、創立記念日、年末年始休日(但し、会社操業の都合上、休日を移動させることあり)


企業名 社名非公開
事業内容

当社グループは、世界的な透析市場において圧倒的にトップの地位を築いているリーディングカンパニーです。その製品は世界中の透析施設で使用されており、高い評価を得ています。私たちは、その高い製品開発力と製造技術を最大の武器として市場の開拓を進めています。さらに、外資系企業でありながら、早い時期から国内に生産拠点を設けていることも当社の特徴の一つです。九州の福岡県豊前市と大分県犬飼町で透析関連製品を生産、豊前工場では拡大する日本及び太平洋地域市場を見据えて、工場を新たに拡張しました。これは市場に対するコミットメントの証の一つでもあります。

<事業内容>
・人工透析装置及び透析用ダイアライザーの輸入、製造及び販売
・腹膜透析液とその関連医療器具の輸出入、製造及び販売

当社は、世界中の透析施設で使われ高い評価と称賛をいただいている最新鋭の透析製品・サービスを、いち早く日本の腎不全患者さんにお届けすることを使命としています。このため、日本のニーズに合った独自の製品開発とサービスの提供を行うべく、外資系ながら国内に開発・製造拠点を持ち、企業活動を展開しています。

設立 1993年

資本金

 

売上高

 8千万円


会社規模 231名

【入社実績】
Tさん(28歳 / 男性)
 
エンジニア
Oさん(48歳 / 男性)
 
開発部長クラス