TOP  >   >  yano  >  未分類  >  退職意志の伝え方

yano さんの日記

2014
2月 25
(火)
19:00
退職意志の伝え方
カテゴリー  未分類
本文
こんにちは。コンサルタントの矢野です。いつもセラヴィブログをご覧いただきありがとうございます。
この時期になると、毎年花粉症との戦いがはじまります。暖かくなり春を感じる日が増えるとくしゃみも頻発。
マスクをしている方を見るとなぜだか身近に感じてしまいます。上手く付き合っていくことが必要ですね。

さて、本日は退職意志の伝え方についてお話ししたいと思います。
内定が決まりホッと一息ですが、在職中の方は会社に退職の意志を伝えなければいけませんね。
円満退職が理想ですが、色々な理由で引き止められて、退職を先延ばしにしていき、
中々話を進めることができない状況も予想されます。

スムーズに退職するには、どのような伝え方が良いのでしょうか。
例えば、報告ベースで退職の意思を伝える方法。
「転職先が決まり、入社の承諾書も提出しました」というのも一つの方法です。
既に、次の会社が決まり勤続する気持ちがないことをハッキリと伝えていくことで、会社の受け取り方も違ってくるはずです。

いきなり退職届を出し人事部や役員に話をもっていくよりも、先に直属の上司に口頭でつたえる方法が良いと思います。

また、退職の理由として給与や待遇など職場への不満を口にすることは避けましょう。
それよりも、現在の職場では実現不可能な将来の目標など、企業側が納得せざるを得ない理由を伝えることです。
職場の不満を改善する為の交渉であれば、「退職」という言葉を出すこともNGです。

会社の都合も考慮しながら退職スケジュールを立てていくことが必要になります。
状況によってどの様なアクションが有効的なのか一緒に考え進めていければと思います。






閲覧(8638)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。