TOP  >   >  shimomura  >  未分類  >  気持ち・意欲を伝える大切さ

shimomura さんの日記

2014
2月 5
(水)
11:12
気持ち・意欲を伝える大切さ
カテゴリー  未分類
本文
皆様、こんにちは。下村です。
最近暖かい日もちらほらあったのに、また寒さが戻ってきましたね。
寒さに負けず、週半ば頑張っていきましょう。

前回に引続き、今回も内定を頂いた方から改めて教えて頂いたことを少し書きたいと思います。

未経験より営業職に挑戦したいと昨年より転職活動のお手伝いをさせて頂きました。

結果的に4月より新しいスタートをされることになりました。本当によかったです。

この方の面接の評価ですが、入社したいという気持ちの強さを感じた、というものでした。
その職種もそうですが、未経験からの挑戦となると難しさなどはイメージでしかわかりません。
となると意欲や気持ちできちんと面接官に伝える、ということがとても大切になってきます。

プラスで元気さ、素直さも伝わり、今回内定という結果になりました。

この方も面接の機会を振り返り、次に活かした方です。
何回も自分の気持ちと向き合い、回答を出し、それを面接で伝えて面接官に伝わった。
書いてみると単純ですが、なかなか難しいことです。

面接での質問に答える内容が表面的だと面接官はすぐに見抜いてしまいます。
自分の気持ちと向き合うことでそれまでの転職活動の方向がそれまでと全く違う方向を向くこともあります。

閲覧(4712)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。