TOP  >   >  miyake  >  未分類  >  内定が出たら

miyake さんの日記

2014
1月 27
(月)
15:19
内定が出たら
カテゴリー  未分類
本文
空気は冷たいですが、気持ちよく晴れ渡っていますね!
月曜担当のミヤケです。

気持ちが良い日ですので、景気の良い話をしましょう。

選考中の企業から内定が出ました。嬉しいですね!努力
が実を結び、ようやく今後のキャリアの見通しが立って
きました。精神的にも気持ちが楽になりますね。

転職者に伺いますと、面接時に高い評価を受け「あなた
と是非一緒に働きたい」と言ってもらって転職したの
に、入社当初から評価が今一つで何となくテンションが
下がっているような感じがする、という方が少なくあり
ません。何故そのようなことが起こるのでしょうか。

それは多くの場合、内定後の決断の仕方にある様です。

企業が内定を出した後、気持ちよく決断する人は好意的
に迎え入れられ、その会社で成功する確率が非常に高く
なります。

逆に、決断すべき時にウジウジと悩み始めて、いつまで
も煮え切らないようですと、一気に評価がひっくり返る
時もあるのです。「その程度の気持ちなんだったら、別
にウチに来てもらわなくても構わない」「そんなに迷う
ぐらいなら、もう採らなくてもいいよ」等と企業トップ
が言い出すことも少なくありません。

皆さん余り意識されていませんが、一事が万事ですので
重要な場面での意思決定の経緯というのは評価に大きく
反映されるのです。

最初から「並行して別の企業も受けている」「他に優先
度の高い企業がある」といった事を伝えておられる場合
は決断を迷っても問題ありません。けれども、面接時に
「第一志望です」「是非入社させていただきたい」等と
伝えておられたにも関わらず気持ちよく決断しない人は
評価が下がってしまう訳です。

相手が「是非結婚したい!」と言ってきたから、「じゃ
あ一緒になりましょう」と回答したのに、「やっぱり
少し考えさせて」もしくは「他に気になる人もいるので
その人と話してからにさせて」と言われたとしたら、当
然ながら百年の恋も冷めてしまいますよね。

急に決断をためらうようになる大きな理由は、仕事内容
や条件面が想定とは違ったというものがほとんどです。
そういった内容は、企業側と交渉すべき事柄であって、
自分で考えたからどうなるという訳でもありません。

そしてほとんどの場合、時間を取って考えた方は最終的
に入社することになるのです。その頃には受け入れる側
のテンションは下がってしまっており、それが入社後の
評価に影響を及ぼし、結局は入社はしたものの、短期間
でその会社を去るということにもなりかねないのです。

「気持ち良く決断し、入社してくれた。自分の見立ては
間違っていなかった!」となれば、その最終判断をした
社長や人事責任者は、入社後も活躍できるようサポート
を惜しまないでしょう。それがご自身の転職後の成功を
大いに助けてくれることになるはずです。

内定後に気になる要素があれば、企業側としっかり話し
合い、必要な交渉を行いましょう。もしくは、第一志望
であると嘘をつかず、正直に選考を受けている企業が他
にもあることを伝えましょう。いずれでも無い場合は、
スッパリと気持ちよく決断をすることをお勧めします。

質問や交渉等が必要な場合は、私たち転職コンサルタン
トもお手伝いできますので、ご遠慮なく仰って下さい。

今週も内定に向けて、頑張って行きましょう!
閲覧(6802)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。