TOP  >   >  miyake  >  未分類  >  退職理由

miyake さんの日記

2013
12月 17
(火)
08:18
退職理由
カテゴリー  未分類
本文
おはようございます。月曜日のミヤケです。

年の瀬も迫ってまいりましたね。転職活動も頑張って参り
ましょう!

さてまたまた質問です。

「友人から相談を受けました。現在恋人がいるのですが、
別の人と付き合う事にしたようです。別れる理由としては
以下3つのどの内容に共感を覚えますか?」

(1)今の恋人には満足している。関係も良好な状態だ。
ただ、もっと素晴らしい人が目の前に現れた。知性もルッ
クスも資産も満足できる人。だから、今の人と分かれて、
新らしい人と付き合いたい。

(2)今の恋人とは、いくつか譲れない価値観の違いが
あり、その部分でよく喧嘩をしていた。新しい人はこの
「譲れない部分」で全く同じ意見を持っており、その為
一緒にいてリラックスできる。

(3)今の恋人は、ケチで人に冷たく、嘘つきだ。自分
以外の異性にいつも気移りしており、安心ができない。
又、稚拙な話ばかりで知性などかけらも感じられない。
もう、とにかく別れたい。

…いかがでしょうか?

簡単に要約すると、(1)今の相手に文句は何もない
(2)今の相手が嫌いではないが、価値観が相容れない
(3)今の相手が嫌いで我慢がならない、ということに
なりますね。

この状況ですと、友人であるとは言え(3)の話を聞く
のは忍びないものがあります。延々と続く悪口を聞いて
いるうちに、「だったらそもそもなぜ付き合いだした?
見る目がないんじゃないか?ってことは、次の人だって
分からないじゃないか」と、皮肉の一つも言いたくなる
でしょう。

退職理由も同じです。前職の悪口は言わない方が良いと
いう鉄則はある意味で正しいと言えます。

(1)は正反対ですね。全く文句が無い。満足している
相手を捨ててまで別の人のところに行く人は、自分の気
持ちには正直なのかもしれませんが、誠実ではありませ
んし、浮気性だと思われるでしょう。これが退職理由で
あれば、面接官はきっとこう思うはずです。「この人が
うちの会社に入社して、こちらには何の落ち度もなく、
仲良くやっていけたとしても、他にもっと良い会社から
誘われたら、ホイホイとそっちに行ってしまうだろう」

「退職理由が嘘くさい」「話がきれいすぎて現実味が無
い」「本音のところが知りたい」と思われない為にも、
第三者にも納得のいく「別れる理由」が必要です。

現実的には、前向きな理由だけで今の会社を辞める人は
ごくわずかです。多くの人が、職場で何かしらの問題や
悩みの種を抱えていて、それを拭い去る為に転職をして
いることが多いのです。もちろん、そんな悩みを抱えな
がらも、同時に夢や希望等、前向きな理由も併せ持って
います。

では、その「現状への不満」はどう伝えるべきでしょう
か?一番良いのは、今の会社が悪いのではなく、会社を
「良い」という人もいるが自分には色々頑張っても「合
わせられない部分」がある、という方向で現状を伝える
ことでしょう。

まずは今いる企業とどこが合わないかを明確な言葉で表
現してみて下さい。次に、それでも今の会社でうまくや
っている人を思い浮かべ、その人はどうしてうまくいっ
ているのかを考えてみましょう。恐らく何かを代償にし
ているのではないかと思います。それを説明できるよう
にしてみて下さい。そして最後に、自分にそれができな
い理由を明確に言葉にしてみます。ポイントは「具体的
な事例」と「自分のスタイル」です。ここまでをまとめ
れば、立派な「別れる理由」になります。

退職理由はじっくりと自分自身の本音の部分と向き合っ
た上で、第三者が聞いても納得のいく内容を良く準備し
て面接に臨みましょう。
閲覧(6300)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。