TOP  >   >  shimomura  >  未分類  >  面接時の心得

shimomura さんの日記

2013
11月 27
(水)
12:06
面接時の心得
カテゴリー  未分類
本文
皆様、こんにちは。下村です。
本格的に寒くなってきました。
寒いと言う割に厚着が苦手で、まだコートを着ていない私ですが・・・。

今月も残りわずかですね。
風邪を引かずに乗り切りましょう。

今日は、先週の面接の基本姿勢に加えて【心得編】です。
ご存知の方も多いかと思いますが、面接に行く前に今一度振り返って頂ければと思います。
面接の場ではほとんどの方が緊張してしまう状況です。
行かれる前に本番をイメージした練習をして臨んで頂ければと思います。

【面接の心得】

■相手の目を見て話をする

面接官の視線をまっすぐに受け止め、堂々と話をしましょう。
自信や意欲を表情や声で伝えましょう。

■結論ファーストで回答、内容は明瞭完結に。

一つの質問に明瞭簡潔に答えてください。
そして次の質問を待つ。先読みしすぎると長く話してしまい、結局何が言いたいのか伝わりにくくなります。
まずは、聞かれた質問にしっかりと答える、これが必要です。

■過去より未来の自分をアピールする

面接官が期待するのは、未来のあなたです。
過去の実績が、その会社の将来にどのように役立つ可能性があるのかアピールしていきましょう。ネガティブな転職理由でもそこを伝えるのではなく、その会社への志望動機、意欲、何に貢献できるのかしっかり伝えましょう。

■積極的な姿勢を見せる

消極的な姿勢では、活躍が期待できないと即座に判断されてしまいます。機敏な動作・身ぶり・言葉でハキハキとした積極的な印象を与えましょう。

■知ったかぶりはNG

知識の量が測られていると思うと、つい背伸びをしてしまいがちですが、面接官は見抜いてしまいます。 分からないことは分からないと
答える方が、誠実な印象を与えることができますし、思い違いをして入社してしまった、ということもないでしょう。

■一生懸命さを伝える

面接の受け答えは、必ずしもスマートである必要はありません。多少たどたどしくとも、伝えたいという気持ちが前面に表れる方が、熱意や一生懸命さが感じられて、好印象を与える場合もあります。
派手なパフォーマンスは、組織的に合うかという点において判断が分かれがちです。
事前準備は必要ですが、まずは入社したい思いを伝えるという気持ちが大事になってきます。

いかがでしょうか。
皆様のご健闘をお祈りしております!
閲覧(4601)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。