TOP  >   >  yano  >  未分類  >  注意したい面接中の「くせ」

yano さんの日記

2013
11月 5
(火)
23:53
注意したい面接中の「くせ」
カテゴリー  未分類
本文
こんにちは、コンサルタントの矢野です。
今日は、会社の健康診断に行ってきました。
年を重ねるごとに、健康管理の重要性を身に染みて感じます。

さて本日は、注意したい面接中の「くせ」についてお話します。
無意識のうちに出てしまう、自分では気づいていない行動です。
面接時にマイナスイメージに繋がってしまうケースも多くあり、
意識して臨む必要があります。

たとえば・・
*きょろきょろした目線
*下がり気味な目線
*座った時の姿勢が悪い
*話の最中の手遊び
*髪の毛をかきあげたり、顔をさわる
*足を組んで座る
*ぼそぼそとした話し方
*オーバーリアクション など

私が日頃面談をする中で、特に気になってしまうのが「目線」です。
目線を合わせて話すことは、一つのコミュニケーションとも考えられますのでとても重要です。
緊張すると自然に目線が下がってしまう方が多くいますし、とても目立ちます。
面接官が複数いる場合は、それぞれに目線を配る配慮が必要です。
自信をもって自分の考えを伝える際に、あなたの印象を決める大きな役割も担っています。
面接前に、身近な方に練習に付き合ってもらうことはとても効果的です。
また、セラヴィでも面接対策の一環として、一緒に面接練習もしています。
面接官からの質問に答えることばかり必死になりすぎていませんか?
面接中の自分の姿を客観的に見直すきっかけにしてみてください。


閲覧(6673)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。