TOP  >   >  miyake  >  未分類  >  面接の際のNGワード

miyake さんの日記

2015
9月 7
(月)
18:04
面接の際のNGワード
カテゴリー  未分類
本文
皆さんこんにちは。月曜担当のミヤケです。

今年の夏も雨ばかりだったような印象ですね。
皆さんのご転職活動はいかがでしょうか?

さて本日は、面接の際に気を付けたい言葉を取り
上げたいと思います。

それは、「~という○○」というフレーズです。

時々親切心から、丁寧な気持ちであることを説明
する際にこのようなフレーズを使いますよね。

例えば、「Aという会社」「Bという製品」
「Cというププログラム」といった具合です。

けれども、その内容が一般的に、あるいは業界
的にある程度有名な、もしくは常識的なもので
あった場合には、相手の心証を害してしまう事
もあります。

 「ソニーという会社」
 「カーナビという製品」
 「Javaというプログラム言語」

面接官は時として、馬鹿にされているのかと感
じることがあるのです。というのは、自分は良
く知っている内容なのに、相手は「あなたは知
らないことでしょうから説明しますね」という
話し方をしてくるからです。

むしろ、「ご存知かと思いますが…」ぐらいの
態度で臨むのが丁度よいかも知れませんね。

このような些細な事で面接の結果が左右される
事も良くあります。注意しておくに越した事は
ありません。

今回は細かいことでしたが、お気を付け下さい。

それでは今週も頑張ってまいりましょう!
閲覧(5182)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。