TOP  >   >  yoshida  >  未分類  >  面接での「緊張」 対策できる?

yoshida さんの日記

2015
2月 27
(金)
15:44
面接での「緊張」 対策できる?
カテゴリー  未分類
本文
こんにちは。

2月もあっという間に最終週、最終日となり、
慌ててブログを更新している吉田です。

ご転職活動の状況はいかがでしょうか?

突然ですが、皆様は「緊張」しやすい方ですか?

「私、緊張しいなんです・・」と言われる方、結構多いのですが、実は違います。

それはご自身で勝手に「自分は緊張するタイプ」と思い込んでいる場合が多く、
実は単に「自分に自信がない」だけの方がほとんどだからです。

面接では「緊張しすぎ」という理由でNGとなる方がいらっしゃいます。
面接ですので、多少の緊張はどなたもなさっていることは、面接官も理解されています。
「緊張しすぎ」というのは、すなわち「この人は自分に自信がないんだな」とみなされてしまいます。

これまでお手伝いさせていただいた転職者の方を見ても、自分に自信がある方は、あまり緊張しません。
自分の良いところ、能力を面接官にはっきりと伝えられるので、面接官も安心して
GOサインを出してくれます。

逆に自分に自信がなければ、たとえ自分に能力があったとしてもそこに気づかないまま、
面接官にアピールできず、面接官も不安になりNGとなってしまいます。

では、自分に自信を持つためには?意外と簡単です。

自分の経験をしっかり整理し、強みをまとめておくことで、自然と自信が持てるようになります。
「自分にはアピールできるような強みがない」と思わずに、職務経歴書やこれまでのご経験を見直し、
よい点を書き出してみて下さい。

その際、数値的に表現できるもの(売上実績や改善できた比率など)はできるだけ数値化して、
数値化できないものは具体的に変えらえたこと、上司や取引先に評価されたことなどをまとめると
良いと思います。

何の準備もなく面接に行ってしまうから、
自分の強みが分からない⇒自分に自信がない⇒緊張してしまう・・⇒面接落ちる⇒さらに自信がなくなる・・
これではもったいないですね!

しっかりした準備で自信を付けて、内定を勝ち取りましょう!

閲覧(2765)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。