TOP  >   >  shimomura  >  未分類  >  どこまで言う?面接時の本音

shimomura さんの日記

2014
12月 10
(水)
14:56
どこまで言う?面接時の本音
カテゴリー  未分類
本文
皆様、こんにちは、下村です。
あっという間に年末、今年も終わりです。

転職活動いかがでしょうか。
今、まさに面接を受けている方、来年から始めようと考えている方、様々だと思います。

サポート含め、現在の各業界のマーケット情報なども含めご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

さて、今日は、【面接時で言う本音】です。

面接時の本音はどこまで言えばいいのか、という質問を受けたことがあります。
全部言えば、ネガティブ要素になりかねないし、
隠せば何となく疑われるし、となかなか難しいところです。

企業によりますが、私が担当している企業
(比較的若手の方を希望する企業)は本音を聞き出そうとします。

本音を聞いた上で頑張るつもりがあるか、長く働く気持ちがあるかと確認します。
もちろん判断材料はそれだけではなく、
今までの経験⇒退職理由⇒現在の転職活動があるわけなので、それを一貫性があるように伝えられるかが大事になります。

退職した理由は必ずあって、それがキャリアアップであっても少なからず不満はあると思います。
(こうしたいけれど何ともならなかったなど)

面接官としては、それを聞いた上でうちでも同じことにならないか、を確認したい気持ちがあるのが一つの理由です。
ただ、マイナス要素だけを伝えるといい印象はないので、その後に頑張りたい気持ちを伝えることが大事です。
その際に自分勝手な理由になっていないかも確認するといいと思います。

個人個人によって状況は異なってきますので、その際はご相談頂ければと思います。
各企業を担当するコンサルタントがサポートさせて頂きます。

では今年も残り頑張っていきましょう。


閲覧(6613)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。