TOP  >   >  miyake  >  未分類  >  転職後の悩み

miyake さんの日記

2014
5月 19
(月)
19:59
転職後の悩み
カテゴリー  未分類
本文
皆さんご機嫌いかがでしょうか。月曜担当のミヤケです。

さて今回は、転職後に陥りやすい「聞いていた内容と違っ
た!」というお悩みについて取り上げたいと思います。

中には、提示された給与や賞与の条件とは違っている、又
配属先が異なっているといった明らかに悪質なものもある
ようですが、実際はほとんどが「仕方が無い」と思われる
ケースではないかと思います。

例えば、入社1ヶ月で降格ではない人事異動になったり、
3ヶ月で業務の範囲が変わったりすることがあります。
これはあり得ることで、通常そのポジションの採用の為に
数ヶ月間を費やして選考を行います。この変化の速い時代
にあって、それだけの期間があれば企業の置かれた状況
は確実に変わっていると考えられます。

つまり、入社後に面接や内定時に聞いていた内容と違う
部分が出てくるのは、企業が変化する経営環境に対応し
た結果ですので、基本的には腹をくくって受け入れるの
が賢明ではないかと思います。

もちろんそれだけが原因であるとは言えませんが、中に
は「聞いていた話と違った」という結果になる傾向にあ
る方もおられます。それは、具体的な職種や仕事内容に
こだわって転職活動を行った方です。

具体的な仕事内容に対してこだわるというよりも、会社
の事業理念や社風、将来性や経営者の人間性といった様
な抽象的な部分を理解し評価してその組織に好意を持ち、
「この会社の成長に貢献しよう」という気持ちを持って
入社された方は、余り細かいことにで辞めようと思わず
に済んでいるようです。

職種や仕事内容にこだわることは決して悪い事ではあり
ませんし、そのような転職があっても良いと思います。
ただ、転職後というのは前述のとおり実際は聞いていた
話と違うという事が非常に多い訳ですから、そのような
スタンスで転職をされるとお気持ちの面でしんどい状況
に追い込まれてしまうことが多いだろうと思います。

仕事というのは、基本的にやったことが無い事に取り組
んで、できるようになることです。既にできることしか
やらない仕事というのがずっと続くと、それはそれで辛
いものです。「ずっとこの職種をやっていこうと思って
いたけど、こっちの仕事に携わるのも何かの縁だし面白
いかも知れないから、まずはやってみよう」という位の
気持ちがあった方が転職はうまくいくのではないかと思
います。

まずは新しい会社や新しい仕事が好きになり、変化を受
け入れることが、成功吸う転職の秘訣のような気がしま
す。結局、成果が出せる人というのは、仲間や会社の為
に頑張ることができる人だからです。勿論、自分の為に
頑張ることは大切ですが、それだけですとなかなか必要
な時に底力が湧いてきません。

経営者が求めているのも、魂を込めた仕事ができる人で
はないでしょうか。会社が好きで、理念や目標を達成し
ていく為に一緒に困難を乗り越えていけるような人。
特にオーナー経営者は会社に魂を入れている訳ですから
その傾向はより強くなります。

人は試練や困難を乗り越えた時に力が付くと言われてい
ます。その会社や経営者を好きになって入社し、入社前
の話とは多少違う仕事を任されても「今、会社では新た
にこの仕事が必要になっている。ここで自分が成果を出
せば会社も成長できる」という気持ちになって頑張れる
人ほど自分を成長させ、結果として転職を成功させる事
になります。また、自分の仕事の幅を広げる事にもつな
がります。「やってみればそれが天職」くらい柔軟で
前向きな考え方とエネルギーが成功の秘訣だと思います。

今週も一週間、頑張っていきましょう!
閲覧(6967)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。